悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS しめ

<<   作成日時 : 2015/08/30 13:01   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

職場でやったガン検診の結果が届いた。

1年前は、この胃がん検診で要精密検査と診断され、精密検査(胃カメラ)の結果、再発が判明した。

検査してから結果が通知されるまで1ヶ月半。

それまでの長い間、ずっと気にかけていた

その結果が今、手元に!















大腸がん検診  →  異常なし


肝胆腎検診  → 異常なし


胃がん検診  → 異常なし

      
画像


















しめしめ、である


   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
パチパチ\(**)/
山あり谷ありトンネルあり…6年生き延びましたね。あと6年経った時満足できる行き方を!
私は4年です。
hirorin
2015/09/02 02:03
いいですねー
満足できる生き方、後悔しない生活を目指したいす。
hirorinさんも4年ですか。おめっとさんです!
ノコ
2015/09/02 21:55
ノコさん今晩は。

検査結果を聞く前のドキドキ感は、経験者ですので十分に共感できます。
職場の健康診断での「異状なし」は、何よりです。

病を探究されているノコさんです。
その知識と洞察力を発揮されて、前向きな気持ちを持って病と闘って下さい。
きっと明るい日差しが差し込むことでしょう。
遠い九州ですが、グログの師匠であるノコさんの寛解を願っています。
softoball
2015/09/05 21:56
softballさん

いつも応援ありがとうございます。
前向きなコメントに勇気百倍ですっ!

お互いに来年も再来年もずっと元気でいましょうね。
九州はいつも台風が多くて困りますね。
東北はこれから、さみいさみい、しばれる冬に向かっていきます。

ノコ
2015/09/08 22:43
初めまして。現在、母が直腸のマルトリンパ腫の疑いで確定診断待ちの状態です。
頭が真っ白な中、色々調べていくうちにこちらにたどり着きました。
この度は、検診での異常なし。良かったですね!
本当に今たどり着いたところなので、これからじっくり過去の記事を読ませて頂きますね。
cake
2015/10/19 00:08
cakeさん、はじめまして。
お母様、ご心配ですね。結果を聞くまでの時間も長く感じられることと思います。
検査が良い結果であることをお祈りしています
ノコ
2015/10/23 23:05
初めまして
弟がノコさんと同じ時期に同じタイプのリンパ腫になったので、このブログは多いに参考になります。
弟は再発はしていないみたいですが・・・実は他の大きな病気になってしまいました。その病気とは骨髄異形成症候群です。
去年の初め、インフルエンザから肺炎を起こし入院した際、血液検査で血球減少が認められ詳しく調べたところ骨髄に異常があることが判りました。
原因はリンパ腫治療の際に使った抗がん剤との事です。
弟からはもう治らないと聞きました。自分もネットで調べてみましたが、抗がん剤によってなってしまう二次性骨髄異形成症候群は予後があまり良くないらしく、治療法も対処療法はあるものの完治させる方法はないみたいです。
悪性リンパ腫に骨髄異形成症候群とまさに二重苦としか言いようがありません。悪性リンパ腫が再発しないか骨髄異形成症候群でまた合併症にならないか不安な日々だろうと思います。
ただこの2つの大きな病気を抱えたことで弟は人生についてじっくり考えるきっかけになったみたいです。昨年7月、それまで勤めていた会社を辞め自分のやりたい事をしています。
少しでもポジティブに生きる事が最高の薬だと思います。これから先どうなるかそれは神のみぞ知るところですが自分の納得のいく生き方をして欲しいなと思っています。
マッサ
2015/10/31 23:10
マッサさん、はじめまして。

骨髄性異形成症候群は以前リンパ腫の本などを読み漁っていたときに良く目にしました。

同じ病気の弟さんが罹ったとのこと、とても他人ごととは思えません。

最初の治療開始から丸6年になりました。
明日の我が身のことを考えると今でもときどき不安になります。
5年生存率50%、10年生存率10%という統計があり、弟さん同様、この病気はまず治らないと主治医からも診察の都度、やんわり言われています。
それでも、死は誰にも等しく与えらるものですし、命が長いか短いかはあまり問題ではないようにも思えますし、人生80年として前半の40年と後半の40年が等価値かと聞かれればそうでもないように思いますし、また、死後の世界とか天国とかがあるのかなとも思えば、やみくもに震えることもないのだろうとも思います。

弟さんは立派です。
受け入れて、前に進んでいます。
残された時間があとどれだけあるのか、今後どれだけ苦しい治療を受けることになるのか、治療を受けれるための蓄えは十分か、心配事はつきないでしょう。
ボクはいまだに仕事を辞めることに踏み切れず、ただただ時間を塗りつぶす毎日ですが、それでもあまり深く考えず、ぼーっとしていることもまた、精神衛生的に良いのかなと思ったりもしています。

なにやらとりとめのないコメントになってしまいましたが、マッサさん、弟さんのこれからの人生をどうかあたたかく見守ってあげてくださいね。


ノコ
2015/11/04 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
しめ 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる