悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 再発(寛解から1534日)

<<   作成日時 : 2014/09/20 12:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 6

先日(9/18)、いつもの病院(消化器内科)へ胃カメラ検査の結果を聞きに行ってきた。

結果は、悪性リンパ腫の再発だった。
細胞診の結論は、ピロリ菌ではなく、5年前と同じ種類のリンパ腫である。

覚悟していたこととはいえ、聞いた直後は、ハンマーで頭をぶん殴られたような衝撃だった。
初発より再発の方が予後が深刻であることは、学ぶまでもなくわかっていたが、経験と知識がボクの折れかけた心を踏みとどまらせ、その後も比較的冷静に対応することができた。

さすがに告知の当日は仕事に戻るのをやめ、おそらくストレスから来たのであろう腹痛と不眠に苦しんだが、それでも、その日、一日だけのことで、次の日からは自分でも驚くほど早く日常を取り戻すことができた。

素人なりに分析してみる。

5年前に腫瘍が見つかったときは、小腸、脾臓、肺、骨髄から腫瘍が見つかり、ステージ4で、血液検査も軒並み異常値。疲労感、寝汗、体重減少などの自覚症状があったものだが、今回は、2か月前の血液検査も正常で、自覚症状もなく、それほど進行しているとは思えない。(希望的観測かもしれないけれど)
とはいえ、胃カメラで見える程度まで憎悪してきたということは、早晩、再発の治療を行うことになるだろう。

まずは、9/24に主治医(血液内科)の診察を受けて、これからの対応を決めていくわけだけれども、おそらく、ペットCTで全身を調べて、ほかの部位に浸潤していないか検査し、腫瘍の広がり・進行度を見極め、すぐに抗がん剤治療に入るか、もっと腫瘍が増えるまでなにもしないか決めることになるのではないだろうか。

それまでに、治療方法にどんな選択肢が存在するのか調べておく必要がある。
主治医の意見はあくまで参考にすぎず、最後に決断するのは自分であることを肝に銘じておこう。
そのための事前学習は必須である。そこの手を抜いてはいけない。
別に主治医を信じていないわけではない(ここ重要!)。
だけど、あたり前のことだが、これは自分の体の問題なのだ。医者任せにする、医者に判断を丸投げするほうが無責任というものだろう。
それに、いくら医師の知識が豊富でも、主治医はたくさんの患者を抱えていて、ボクのために割ける時間は1%にも満たないのだ。一方、自分自身はどうだ。自分は自分の病気だけ、とりあえず調べれば良い。体調の異変についても本人が一番よくわかっている。

低悪性度の血液ガンは抗がん剤が効きやすいが、一方で、100%たたいて完治させることが難しい病気である。
抗がん剤治療をしても体にダメージを残したうえ、時がたてば今回のように腫瘍が増えてくるし、しかも一度使った薬は体に耐性ができるので使えないため、延命のためにあえて腫瘍が増えてくるまで治療をしないというのが、今の標準治療となっている。
通常5年再発しなければガンは完治したとみなされるが、血液ガン、特に低悪性度の場合は10年といわれていた。
その中で4年間無憎悪で来られたのは、我ながら立派なものだと思うが、反面、もっと体調管理に気を使うべきだったかと反省する面もないではない。

とはいえ、現代医学は日進月歩。
現実に新薬が次々と開発されている昨今、いい意味で予想を裏切られることもあるかもしれない。
あきらめるには、まるで、早すぎるのだ。

「病いは気から」とはよく言ったもの。
闘う姿勢を解いた者はガンには勝てないのだ、と身をもって実感する。
己の境遇を呪ったり、過去の過ちを悔んだり、膝を抱えて最悪の結末に怯えたり、それらが一切無駄だとは思わないが、今はさっさと切り上げて、病気と正面から向き合い、ファイティングポーズを取って見せることが何よりも肝要だろう。

ボクは、往生際が悪いんだ。
これからも、まだまだ生きていくからね!
   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ファイト!
応援してますよ。
hirorin
2014/09/21 16:03
ありがとうございます!
頑張ります!
ノコ
2014/09/21 23:18
何度か読まさせてもらってます、良い人そうだなとお見受けいたします寛解中の普段の生活ぶりが気になってコメントさせてもらいました。寝るのは遅くないかとか、風呂はシャワーなのかちゃんと浸かるのか、書店の健康コーナー行くとあらゆる種類ありますが、東洋医学的なものも含めて色々チェックとかされてるのか、その中で何かピンときて実践されてるのがあるのか…。リンパ腫はたとえ薬でしか治せないようであっても、自分で出来る、体に良い事をしてる上なら納得出来る気がしたもので。余談ですが、私は疲れのとれ具合が少し違うのと、免疫力の上でも早寝を心がけてます。頑張ってとは、私の場合、突き放す気がしてあえて言いません。
ちゅん
2014/09/26 07:26
いつもながら,確固たる治療戦略をお持ちで,感服します。
低悪性度に再発は付き物で,しょうがないですね。慢性病と思って付き合っていくしかないと思います。

無事,再寛解を勝ちとられますように。
MOTOGEN
2014/09/26 08:14
ちゅんさん
早寝早起き、リラックス、薬に頼らない、食事、体力づくりなどでしょうか。
いずれもムリはせずに、体や心にストレスがかからない程度です。
自然に暮らしています。
ノコ
2014/09/26 13:30
MOTOGENさん
ありがとうございます。
どんな治療をするべきか、いつ治療するべきか、悩ましいところです。
ない知恵絞って、次の診察まで熟考しようと思います。
ノコ
2014/09/26 13:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
再発(寛解から1534日) 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる