悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 胃がん検診

<<   作成日時 : 2014/08/28 20:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

年1回の胃がん検診(バリウムを飲んで、いろんな角度からX線撮影する検査)で、初めて要精密検査の判定をもらってしまった。

どうやら数年ぶりかの胃カメラを飲むハメになりそうだ。

受診者のうち、精密検査を指示されるのは20人に1人くらいの割合で、精密検査を受けた人の中で胃がんと診断されるのは2〜3%。このうち、早期発見の割合は70%とのことだ。

ボクの場合、自覚症状がないので、仮に胃がんと診断されても、たぶん早期発見となるハズだ、たぶん。
早期発見なら、完治は目指せる。問題ない、まったく問題ない。

とはいえ、精神衛生上よろしくないので、さっさと精密検査を受けてしまおうと、リンパ腫(血液内科)でかかりつけの総合病院に電話した。

診療科は、消化器内科。
今から5年前、健康診断で精密検査を命じられて受診し、ドクターからPET-CTを勧められ、リンパ腫をみつけていただいた、大変お世話様でしたの、あの消化器内科である。

1年以上、当診療科の受診歴がないということで、予約は取れず、飛び込みでいくしかないとのこと。
(都合のよいときに8:30から11:30の間に来てくださいだそうな。)

初回は、診察を受けて検査の内容を決める、2回目で検査を実施、3回目で検査結果を聞く。
たとえ、なにも問題なかったときでも、最低3回は足を運ばなければならない。

まあ、やむをえまい。
   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胃がん検診 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる