悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 経過観察(寛解から925日目)

<<   作成日時 : 2013/01/17 21:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

3か月ぶりの検査。
9:10 病院着
9:15 採血
10:25 診察(1分程度)

血液検査の結果も3か月前とほぼ同じ。
「LDH、腫瘍マーカーが基準値内なので問題なし。IgG、IgA(免疫グロブリン)が、あいかわらず低い。このまま低いままの患者さんもいるが問題ない。」
と、前回とほぼ同じ主治医からのコメント。

前回と同じということは、とりもなおさず良いことだ。
こんなに嬉しいことはない!

さて、次の診察は4月17日(水)

【主な検査結果】
・白血球 3330  (L)
・ヘモグロビン 15.3
・血小板 20.9
・LDH 184
・IgM 109
・IgA 76  (L)
・IgG 658  (L)
・可溶性ILレセプター(腫瘍マーカー)【前回値】 269


画像



   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
寛解おめでとうございます。最近、体調に気をつけていらしたのを感じていました。よかったですね。私も来週の火曜日にCTの結果を聞きにいきます。いい結果の報告ができるといいです。
kemunnpasu
2013/01/18 09:18
kemunnpasuさん、お祝いコメントありがとうございます。
CTの検査、異常なしだといいですねっ!
ノコ
2013/01/18 23:30
ノコさん おはようございます。
「経過観察異常なし」おめでとうございます。

愚生も、1月18日の定期検診で異常なしでした。
次回は、4月5日内視鏡検査、4月12日CTです。
お互い目標に向かって、頑張ろう!
softoball
2013/01/20 08:30
softballさん、こんにちは

定期健診異常なし、なによりです。
同じ病いをかかえる方の経過が順調だと聞くと、自分のことのようにうれしいですし、自分も大丈夫だって思えてきます。
検査のタイミングも、すっかりボクと同じなんですね
ノコ
2013/01/20 21:19
ろほう性リンパ腫T期と去年8月に診断され、R-CHOP 3クール+放射線40グレイの予定が余りのCHOPの吐き気に限局期のため放射線治療の方が治療成績がいいから(抗がん剤が効きにくい) と言われ私もそれならばと、言うわけで2クール終了し、放射線1ヵ月、12月に退院してからろほう性、MALTなどの低悪性の再発率を見て愕然としていたときにこのブログに出会いました。3月のPETで寛解したことがわかりましたが、ここからがスタートです。低悪性の方のブログって「再発」の文字が多くて凹みますが、このブログで希望を貰ってます。低悪性には5年で治癒とかないので、10年と考えて良いんですかね…(・_・?)私の先生は何にも言わないので…(T-T)何はともあれ寛解維持は私の希望でもあります。後に続きます!!
ななちけ
2013/03/09 08:08
ななちけさん、はじめまして。
治療おつかれさまでした。
そして、寛解おめでとうございます!
限局期ということですので、このまま治ることに、とても希望が持てるのではないでしょうか。
放射線治療に切り替えたのも、後遺症などのリスクを考えるだけのゆとりがあったと考えることもできると思います。

再発するかしないかは神のみぞ知るですが、その確率を下げることができるのはご本人にほかなりません。
長い闘いですが、長いことこそ良いことですくらいに僕は考えています。

診察は僕の場合もいつもさらっと終わるんですが、医者も人の子、患者を山ほど抱えて大変なんです。
特にも公立病院のドクターは激務に耐えてがんばっていらっしゃいます。
とはいえ、聞きたいことがあるときはどんどん聞いたほうがいいと思います。
あらかじめ、「質問内容」と「質問に対する自分の意見」をメモして持っていくといいですよ。
ノコ
2013/03/09 22:39
早々のお返事ありがとうございます。
今はリツキサンの維持療法をしています。
このリツキサンが終われば本当に「再発」は
神のみぞ知る の世界ですよね。ノコさんの先生は
10年で完治と考えていらっしゃいますか?私の先生は
瀰漫性にすら「完治」の表現はしません。あくまで
「寛解維持中」とはいえ多くの瀰漫性の患者さんは
5年無再発だと「元患者」って表現をされている
ブロガーさんがいて 私たち低悪性度の患者って
いつになったらサバイバーと言えるのでしょうか..?
これが低悪性度の患者が最も知りたいところでは、
と思います。何か 日にち的な目標が欲しいところ
ですが、私の主治医は「完治はありません」の
一点張りで...。
ノコさんの前向きさに頭が下がります。まだ
患者歴が浅くって ショックから立ち直ってません。
「寛解」を喜ばなくてはいけないのに...。
いけませんね。ノコさんに続きます。これからも
よろしくお願いします。
ななちけ
2013/03/10 00:39
ななちけさん、不安な気持ち、よくわかります。
主治医が「完治はありません」とおっしゃるのは正しいと思います。
僕の主治医も完治とは言いません。
ただ、5年経ったら定期検査(3か月ごと)がなくなり、1年ごととかになるのだと思います。
検査の間隔が広がるということは、リスクは減るということで、たとえば5年目までの再発率が50%だったとして、10年目までの再発率は10%だっとします。しかし、それが0%になることは、おそらくずっとないのだと思います。
それでも、「異常なし」の期間が長くなるほど再発率が低くなるのは確かですから、完治がないといわれても、それほど心配しなくていいのではないでしょうか。
楽天的になるはよくありませんが、ポジティブに考えを切り替えることで、体調も上向くものと僕は信じています。
ノコ
2013/03/10 16:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
経過観察(寛解から925日目) 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる