悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 経過観察(寛解から56日目)

<<   作成日時 : 2010/09/01 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

寛解後、初の診察日。
片道40分かけてC病院へ。もう汗だく。
経過観察になったとたん、なんとも淡泊な診察になったなあという印象。
待合席を埋め尽くす患者の波を見れば、治療のない自分にあまり時間を割けないのもやむなしか。


【診察内容】
・この1ヵ月、足先や足裏に冷えを感じていることを報告。
→ステロイドの影響か尋ねたところ、ステロイドはむしろ体温が上がるとのこと。自分の読んだ本が正しいのか、主治医の言うことが正しいのか、あるいは、両方ともありえることなのか。
同じ本にリンパ球が少ないと冷えが生じるとも書かれている。治療前は理想値である2000を余裕で上回っていたが、現在はわずか300ぽっち。こっちの影響なのか。


・8/2に個人病院で血液検査を行ったが、白血球1160となり、7/7の1330より更に低くなっていた旨報告。
→今日の白血球は1890とまだ低かった。骨髄に腫瘍があった患者は、白血球が回復しにくいもの。回復には個人差があるので、なんともいえない。なかにはずっと回復しない患者もいるし、それでも腫瘍マーカーが上がらないままの患者もいる。
 
・可溶性IL-2レセプター、LDH,CRP、IgMなどの数値を教えて下さい。
→今日は病院が込んでいるので、検査結果がまだ届いていない。次回に教える。

・では、これらの数値を見ずに再燃していないと判断できるのですか。
→白血球は確かに低いが、再発の患者は、ヘモグロビン、血小板、好中球などが大きく下がるという特徴がある。発熱もないようだし、引き続き経過観察でよいだろう。(この回答には、ちょっと不満と不安を覚えた。) 

・前回のpet-ctにて、肺に集積増があるとのことですが、この部分については肺がんの疑いはないですか。
→心配であれば、健康診断を受けてはどうか。肺がんもないとは言えないか、可能性は低いと思う。当面はリンパ腫の再発のほうが懸念される。

・日常生活で注意することはありますか。
→白血球が低いので、カゼをひいている人などからの感染に注意すること。

○触診の結果、異常なし(首、肩、脇の下、股)
○次回診察は11月10日(水)9:30〜


画像



 
   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ノコさん、よかった〜とりあえずよかったです。
けど、検査結果は次回教えるって、次回までどれだけ日にちがあるのよねどうして他の血液検査と同じように迅速に結果を出してくれないの!!肺も健康診断???って。患者がどんな思いで診察に行ってるか考えたことあるのかな・・。忙しすぎるのかな・・。私の方がちょっぴりやり切れない思いです。
marcy
2010/09/02 00:36
marcyさん、ご心配おかけしました。
検査結果をその日のうちに教えてもらえないというのは、まったく想定外でした
仮に再燃していても、どの道、白血球が低すぎるので、すぐ治療に入れる状態にはなく、検査結果を聞いたところで対応は同じというわけですが、やっぱり精神衛生上よくないのは確かなんですよねえ
ノコ
2010/09/02 08:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
経過観察(寛解から56日目) 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる