悪性リンパ腫闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS R-CHOP治療 6回目

<<   作成日時 : 2010/07/02 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成22年3月31日 記

今日は治療の日。
血液検査の結果、また好中球が下がっている。
今回はなんとか治療に踏み切れたが、次回は延期になるかも。

【血液検査データ】
(前:白血球、後:好中球)
1月4日 2640 1700
2月3日 2590 1600
3月3日 2050 1200
3月31日 1780 1100


【診察内容 9:30-9:45】
・血液検査は問題なし。白血球、好中球は低いが治療できる。2週間後あたりの感染に注意し、発熱時は来院するよう言われる。
・リンパ節(首、脇の下、足の付け根)の腫れを確認しなかった。(?)
・3/28頃から手先の痺れが発生した旨報告。普段は気にならないが、冷水で手を洗うなど冷やすことで沁みるような痛みに襲われる。(両手の親指と人差し指のみ)
・また、手足の指先が冷たくなりやすい旨も併せて報告。
・【質問】骨髄に腫瘍がある場合、白血球の回復が遅くなるとのことだが、治療中ずっと遅い状態であるということは、骨髄にある腫瘍が減っていないということになるのか。
 【回答】抗がん剤が骨髄に効いているということ。後で検査してみないとわからないが、おそらく骨髄の腫瘍も小さくなっているはず。ただし、治療後にまた大きくなっていく可能性はある。
・職場に休職届を提出するための診断書を依頼したところ、4月7日(水)に改めて取りに来るよう言われる。

【治療中】
・リツキサン点滴中に軽い悪寒と軽い吐き気があり。持参した昼食(パン)が完食できず。(前回と同じ症状)

【診断書の作成(ペーパーで主治医に依頼)】
・休職するために診断書が必要。(今までは病気休暇扱いだった。)
・同じ内容の診断書を2人の医師からもらう必要がある。
・診断書の記載内容(例)
 「今後○ヶ月の加療・検査を要する。」
・半年前に診断書を貰っているので、今回は詳細に記載しなくてもよい。(上記の1行のみで可)
・患者本人としては、R-CHOP終了後も当分の間休職し、再発防止のため、しっかり体調管理したいので、なるべく長い期間で書いてもらえればありがたい。希望としては1年間。
 
 
   はじめての方→これまでの経過(要約版)
画像
ライムグリーンリボンキャンペーンについてご支援のお願い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
R-CHOP治療 6回目 悪性リンパ腫闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる